米軍で採用された3M PPF

もともと米空軍向けに開発された3MのPPF(ペイントプロテクションフィルム)。
その後、戦闘機やレーシングカーなどにも採用されるなど、過酷な環境下でもボディやパーツを守るフィルムとして高い信頼と実績を積んできました。

米軍で採用された3M PPF

  • 1960年代から現在

米軍のプロペラ先端部向けに3Mがペイントプロテクションフィルムを開発。これによりプロペラの寿命が20 時間から200時間にまで延長しました。

  • 1970年代から現在

米軍のジェット戦闘機では3M™ウレタンエアロスペースフィルムを表面塗装の保護のために採用しています。

  • 1980年代から現在

Nascar™ を始めとしたさまざまなレーシングチームが、3M™スコッチカル/スコッチガード™ ペイントプロテクションフィルムを採用。スポンサー広告の保護や衝突時の破片飛散防止を目的に使用されています。

  • 1990年代から現在

3M™ スコッチガード™ ペイントプロテクションフィルムがカーケア製品として発売されました。愛車の傷つきやすい塗装表面を保護するのに役立っています。